この度は、台風19号による被害の大きさに驚いています。

ニュースで被災された様子が報道され、心を痛めております。

心よりお見舞い申し上げます。

加美町でも避難勧告がでましたが、幸いにも弊社は被害を免れました。

被災した皆様には、一日も早い復興を、心からお祈り申し上げます。

わが家のやかんです。
毎日、自宅と事務所のポットに2本お湯を入れます。


母がやかんをきれいにしていくれました。
手の力が弱くなっているのに、何時間もかかって磨いたようです。。
顔が映る位 ピカピカ〜

10年位、使ったので別なのを買おうと思ってた矢先でした。

まだまだ使えますよ〜ってやかんが言ってるようです。

もう少しこのやかんでお湯を沸そうと思います。


7月、牛を飼ってる亀ちゃんから、今年もなったぞ〜っと
沢山、枇杷を頂きました。

オレンジ色に熟した枇杷はもちろん美味しいのですが、
お目当は、その中の種。



35度以上のお酒に入れて日光の当たらないところに数か月
琥珀色のきれいなお酒が出来ました。


わが家の常備薬です。

蚊に食われたり、やけどしたら、綿棒で塗ります。

風邪をひいて喉が痛かったら原液でうがいします。

消毒、解毒の効果 絶大!

今回は化粧液にもしてみようと思います。

シミや美白効もあるかも!

お彼岸、1週間のお精進料理が終わり、
ちょっとホッとしています。

お帰りの日、これは実家の仏壇です。

だんご粉で作ってありますが、大きなお餅です。
ご先祖様がお墓に戻っていく時に持っていってもらうそうです。

わが家では、枝豆でずんだ団子をお供えしました。


中日の日は、まっ白いご飯と無花果の甘露煮がメインでした。

例年になく早い新米で、ご先祖様もきっと喜んでると思います。

竹内まりやの歌で
「どんなに長くご無沙汰をしてても、電話一つかけるだけで学生に戻れる、、、」って歌がありますが、久々に友達会いに行ってきました。

彼女は秋田の大潟村に住んでいます。


旦那様不在、夫の話、健康の話、子供たちの話、、、
なんでこんなに話があるのか不思議なくらい泉のように昏々と話がわいてきます。 笑

美味しいもの食べにいこうと村のホテルの食事に誘われたのですが、
地場産の野菜を二人で料理しました。






秋田の米粉文化に触れてきま〜す、なんて行ってきたのにおしゃべりばかっりじゃ心苦しいので
大潟村の干拓博物館に連れてってもらいました。

八郎潟はかつて琵琶湖に次いで2番目に大きな湖でした。
排水して湖底を農地にする干拓工事が20年かけて行われたそうです。
 
  干拓前             干拓後

  
田んぼがぬかるみ、農作業は大変な苦労があったようです。

大潟村は人口3000人
1軒の農家さんの田畑の面積は平均で15ha、規模がでかい!
居住区、田んぼ、農業機械の格納庫など、しっかり区分されています。

大きな家と真っ赤なサルビア、道路もまっすぐで、黒松がずら〜っと
まるで北海道みたいです。(、、といってもまだいったことが無い)

春になったら、桜と菜の花が11劼砲錣燭辰萄蕕そうです。
また遊びに行く予定です。
男鹿半島にも連れっててとお願いしました。

友達って良いものですね!ありがとうね!

お祖父さんとお祖母さんと3人で仙台のお墓掃除に行ってきました。
車が混むので、朝6時半に出発。
足腰が弱くなって、そこ危ないよとか、気をつけて、、とか、ついつい声掛けが多くなります。
お祖母さんは、幼稚園の遠足みたいだと笑ってました。

草取りをして、お墓を洗って、お花を飾って、、、
お墓も数か所あるので、正直しんどいです。

でもそれ以上に、
3人で、いつもどおりにお墓掃除が出来たことに達成感があります。

宮城の萩がとても綺麗なので、パチリ!

話は全然違いますが、先日の敬老の日
若夫婦からお祝いのお菓子をもらいました。


大衡のトレーニングに行っているところからも


本当にいつも感謝です。

明日は金曜日♪「凪のおいとま」がある日
10時頃は、お風呂に入って、ゆっくりテレビが見られます。
そして、次の日はお休みだし〜

真似っこと言うか、私も植物育てはとっても大好きです。

豆苗は3回収穫済 人参もかわいい芽が出てきました。

最終回、ちょっとさびしいけど、楽しみです。

加美町の敬老会がありました。


祖父母は、ギリギリまで行くか行かないか迷っていました。
バタバタとお支度をしたのですが、二人ともこんなにオシャレです。

南町地区では、お祖父さんは長生き番付なんと4位です。
加美町一番の御長寿は、今年もお祖父さんの従兄の106歳です。

町からの贈り物はタオルと紅白の落雁です。(お菓子の原料は家で作ったものです。)

そして今回から!なんと!
95歳になるお祖父さんが「金一封」を頂きました!

ラッキ−! 私がもらったんじゃないけど・・・


1年前まで、1万歩を歩いていたお祖父さんですが、
寄る年並みには勝てず、動作が緩慢になり、
ベットでテレビを見ている時間が多くなってきました。

対策として、
去年の夏から二人でトレーニングかねて、半日ディーサービスを週2回利用するようになり、
今月から、お祖父さんだけ1日ディーサービスに行っています。
若いスタッフさんに、70歳代に見られて喜んでいるお祖父さんです。

お祖母さんも去年の冬に免許を返上し、運転をやめました。
アッシーは、私と佳っちゃん
病院、買い物、図書館、友達の家、ダンス教室、などなど、、
はじめは、この時間があったらあれが出来るのに、、、
なんて不満もありましたが、この頃は私も参加型で楽しくやっています。

自分の事は自分でほとんどできる二人。
出来ない事を数えるのではなく、
尊重しながら、わいわい楽しく暮らすことを大切にしようと主人と話しています。

お金、保険証、カバンなどなど・・
時々、問題は発生しますが、その都度なんとか解決しています。
息子がJPSの機能のあるチップを購入し付けてくれました。

主人は、役場関係の手続き
佳ちゃんは、薬を飲んだかチェック、声掛けをよくしてくれます。
娘たちも、電話をよこしてくれます。
仙台の弟夫婦は土曜日ごとに来て、ドライブしてお昼ご飯を食べに連れて行ってくれます。
東京の弟夫婦も然り、アイパットで顔を見ながら話しています。

みんなのフォローがあっての元気な二人です。
お肉と鰻が大好きで、沢山たべます。
食べるの大好きな二人です。

まだまだ、現役
いつまでも元気で、私たちのお手本になってほしいと願っています。




だんだん涼しくなって、過ごしやすくなってきました。


近くの田んぼの様子、一段と黄色くなってきました。

わが家の畑も、模様替えが始まっています。
きゅうりがなってたところは、支柱やネットを取り、さら地にもどしました。
鍬でさくさくにして米糠の堆肥をたくさんいれて、
法蓮草、小松菜、ブロッコリーの種をパラパラ・・

ちょうど雨がいい具合に降り、さっそく小さな芽がぽちぽち見えています。

畑の先生の孝子さん曰く
種を蒔かなきゃ何も出てきません・・・その通りです。

でも、秋野菜と交替する時期なのに、1本のきゅりだけ
がぜん勢いよく、黄色い花がどんどん咲き、葉っぱも青々しています。

  四川きゅうりです。
今朝、とってきたもの、
たった1本でも存在感があります。久々にポテトサラダにしようかなぁ・・・

もう一つ、自分の出番です!と頑張っているのがイチジク
産直から300円で買った苗でしたが、畑の半分を征服する勢いで大きくなっています。
毎日行かないと、鳥に食べられてしまうので、しばらく鳥との攻防が続きます。

赤いワインと砂糖でことこと煮ました。

何だか 太りそう・・・新米ももうすぐです。
いつもながら秋は要注意です。 


孝子さんが4月に植えてくれたじゃが芋
梅雨の合間に草取りをしていたら、発見!


茎にトマトの様なものが・・・

師匠の孝子さん曰く

じゃが芋はトマトと同じナス科の植物で、芋の部分は実ではなく茎にあたるそう、
この小さな実こそがじゃが芋の実なのだそう!ビックリ!

キタアカリと言う品種で、茎が枯れてきたらの収穫です。
7月中旬には収穫という計画ですが、早く梅雨が明けてほしいですね。


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM