今日は米粉でなくて、ほうき(箒)のお話です。

亡くなった祖母は音を立てずに隅々まできれいに掃いていました。
私も震災をきっかけに箒を使うようになりましたが、
振り返ると小さなゴミやふわふわゴミが舞ってたり。
・・箒のせい?
使いやすい箒を探していたら高倉工芸さんと出会いました。

岩手の北の小さな町で、原料のほうき草の栽培をし、
誰にも真似のできない高い技術で頑張っている高倉工芸さん。
ネットでは3年待ちになっています。
全国の百貨店に出張し、商売をしています。
私も2月に仙台の百貨店で買い求めました。
勇気がいるくらい高かったけど、大切に使うと20年は使えるとそうです。
掃除機を何台も買い替えるよりず〜っといい感じ
家中の埃の見える化だし、空気は汚れないし、電気はいらないし
超〜 エコです。
 名前は「ほうきさん」

山形のお友達夫婦も箒を探しているということで、
九戸の高倉工芸さんに連れて行ってもらいました。
百聞は一見にしかず!
原料の箒草から作っているそうで、丁寧な仕事に心を打たれました。
箒の良し悪しは、先端のちぢれ具合によって決まるのだそうです。

私の「ほうきさん」を作ってくれた方と記念撮影


地元で美味しいものが食べられるところをお尋ねしたら
山道を30分ほど、社長さんに案内していただき、
あまちゃんで有名になった「まめふ」をご馳走になりました。


中に胡桃とくるみ味噌が入ってて、しょっぱさと甘さが一緒に味わえました。


高倉工芸さんの箒作りへのシンプルな考え方がとても心に残りました。
我が家でも工場見学にいらっしゃってくれるお客様がありますが、
お客様目線で物作りの現場を見せてもらい、大変勉強になりました。

娘が結婚する時はまた来ます!とお約束をして帰ってきました。





長女がミヤギテレビのOH!バンデスで秋田の旅館ペア1泊を当てました。

誕生日プレゼントという事で、母娘旅行に。


小安峡温泉の多郎兵衛旅館という所です。

2時間で着くという事だったので、15時頃出発。

鳴子から鬼首へ、ナビ頼りに山道を行くこと

あともう少しという所で、ガーン!冬のため通行止め・・・泣

アップダウンの夜道をひたすら走り、3時間半

 無事着けてホッ

きりたんぽ鍋やイワナのくるみ味噌、山の物中心に、地味目ですが手の込んだお料理です。


次の日、秘湯と言われてる泥湯温泉へ

乳白色のお湯、自然の中でゆっくり手足を伸ばして


雪囲いの様子。3mの豪雪地帯だそう

雪に押しつぶされるので、家の周りをぐるっと囲みます。

  重労働、お疲れ様です。


帰りは、栗駒に抜ける山道を走ってきました。


長女はくじ運が超〜強くて

韓国旅行を当てたこともあります。

しかも、どちらも母の名前で・・・


主人の弟のひでよしおんちゃんがお魚を釣ってきました。

すんごく大きい!
体長45センチありました。
種類はアイナメとマコガレイ

出刃包丁を砥石でしっかり研いで、
おんちゃんの仕事は丁寧で綺麗です。

お刺身、塩焼、あら汁、米粉をまぶして唐揚げも作りました。
奮闘!3時間!
美味しいものを食べるのは大変です。

お魚料理がたくさんご馳走してくれる民宿は絶対できないと二人で一致しました。

まぁ、海は遠いし、米粉屋さんなので・・・(笑)



朝晩、寒くなってきました。
舟形山の山頂が白くなっています。
わぁ〜 もうすぐ冬・・

風邪引きさんも増えているようです。
皆さ〜ん、どうぞご自愛なさってくださいね。

美味しいお米を作っている農家の渋谷さんがいらっしゃって、面白い話をしてくれました。

かまきりが卵を産む場所・・高さによって、今年の雪の量が分るというのです。

雪が多い年は卵を上の方に産むそう、
自然は私たち人間より鋭い!

今年は、どうなるかなぁ・・・






雑穀の農家さんに会った後、岩手在住の友達と合流。

年に数回、
でも、毎日あってるような気の合う友達です。

車がすれ違うのも大変な細い山道をいくと
縄文の谷「開」という、レストランがありました。

建物にカメムシがびっしり張り付いています。
晩秋の自然現象です。

建物の中は、宮澤賢治の山猫軒のような、い〜い雰囲気


恥ずかしがり屋で、宮澤賢治みたいなお友達


気持ちのこもったお料理をたくさん食べて、超〜満足!

その後、また面白いことが。

魚や肉、野菜や果物が新鮮で安売りをしているお店に連れてってもらいました。
小さい平屋のスーパーでオセンというお店です。

秋田や岩手の車が沢山

中に入ると、軍艦マーチが流れていました。

我が家の冷蔵庫の在庫も忘れて、沢山お買いもの。

雑穀からお肉やお魚まで、何だかとっても楽しい一日でした。







柿がたわわに実り、しだれ桜のようにしなっています。
超〜重そう



まだ少し青いけど、お天気がいいので干し柿作りをしました。


いつもより気温が高めなので、カビ予防に熱湯で10秒

そして紐を付けてっと、壮観!


数えると160個。
渋い柿がお日様で甘くなる、化学反応?

楽しみ!

春に、孝子さんからエゴマの苗を1本もらいました。
あれから、数か月・・
夏の暑さや、水やり忘れにも耐え育ってくれました。

一見、シソのように見えますが、エゴマです。


カラカラの穂から、小さな実が数個


よっちゃんと二人で食べてみるとしっかりエゴマの味がしました。
小さな実なので、殻やゴミを取るのにもの凄い手間がかかります。
収穫量は多分、大さじ1杯も採れないかも?

「いつまでもお元気にという十五穀米」には
エゴマやひえ、きび、あわ等の小さい粒の雑穀がたくさん入っています。

生産者のみなさんのご苦労が、少しばかり体験できました。

感謝!



秋はお月様のきれいな季節です。

10月21日は十三夜です。
大豆や枝豆、栗を供えることから「豆名月」、「栗名月」とも呼ばれます。

  我が家のお月見の様子。

お団子は、お月様を模したもので、収穫への感謝、健康、幸せを表しているのだそうです。
13夜は13個のお団子をお供えするのだとか

ススキは、稲穂を模したもの、他に魔除けの効果もあるそう

果物は、葡萄などの蔓ものをあげるとお月様の繋がりが強くなって縁起がいいそうです。

ちょうど今回は日曜日夜、
お空を見上げてお月様を愛でる、素敵ですね。

大阪育ちのよっちゃんに、お昼ご飯に油麩丼を伝授?



私:これ、何だかわかる?
よっちゃん:わかんない。
私:登米市で作っている油麩っていうの。

私:麩って何で出来てると思う?
よっちゃん: 大豆?
私:小麦のグルテンで出来てるんだよ・・・得意・・?
でも、一部水を吸ってなくて、ちょっと硬い・・

親子丼風の味付けをして、グツグツ


予感的中?
麩は水でしっかり戻すのがコツ・・・
それを絞って切り、汁をすわせることが大切。

次回は、もっと上手にできるはず?
また、やってみようね!

随分、寒くなってきました。
秋、冬の準備です。

孝子さんお手伝い、踏ん張っています。
 

柿も100個以上なってそう


いちじくも大きな鍋で、グツグツ


初めての収穫 特大さつま芋! もったいなくて食べられない・・


土が見えたところで、畝を作りました。
米ぬかの肥料もたっぷり入れて。

いつもだと、夏の収穫が終わると春まで何にも植えられないのですが、
冬にかけて美味しい野菜が出来そうです。

キャベツとブロッコリーの苗、ほうれん草、大根、春菊、
種をまかなきゃ、芽は出てきません。楽しみは自分で作るものですね!




Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM