今日、明日にでも初雪が降りそうなお天気です。

我が家には、大きな月桂樹の木があります。
これを乾燥したものがローリエです。
カレーや野菜スープなど、煮込み料理をする時に重宝しています。

ささやかですが、お米をご注文いただいた方
かわいいパッケージでお米と一緒に送ります。

パートさんの孝子さんちの畑で作った唐辛子も一緒です。

先程、お店に来てくれたお客さまの話です。
神奈川から転勤してきて、うちのお店で渋谷さんちのひとめぼれをお買い求めくださったそう。
料理に携わるお仕事をしている方で、美味しいので東京に住む娘さんにも食べさせたいという事でした。

作ってくれた渋谷さんも今年の米は太鼓判のお米です。
是非、いかがでしょうか。







冬至が過ぎ、百貨店では、お歳暮商戦が始まりました。

菅原商店では、お中元とお歳暮の年に2回
特別にブレンドした雑穀を仙台の百貨店の藤崎に納めています。


全国に数少ない雑穀クリエーターの湯浅芳子先生が、
美容、健康、元気というテーマで配合を考えてくれたものです。

宮城や岩手を中心にすべて国産です。

3種類のブレンドは、まず雑穀を揃えることから始まります。
沢山の雑穀の組み合わせがあり、神経を使うお仕事です。
雑穀は年々作る人が高齢になり、農家さんから直接は大変ですが、どれか一つ足りなくても作れません。
ひとつひとつ作ってくれた農家さんに感謝しながら作っています。

美しく・・美肌になろう

 健康に・・暮らしにリズム

 元気に・・明るい毎日

一年間の感謝を込めて、
身体に優しい贈り物、いかがでしょうか。

日曜日、気持ちのいい天気。
雑穀を買いに、岩手県に行ってきました。

高速を2時間あまり
送ってもらった方が簡単なのですが、
生産者さんに会って、お話しを聞くことは、とっても大切なことです。


たかきびの畑です。
5月に植え、沢山の太陽を浴びて栄養を蓄え、すくすく大きく育っています。
 
もう刈取り時期なのですが、
霜にあてて赤い色が出るように、時期をずらしているのだのだそう。

今年は雑穀の王様、アマランサスもお願いしてきました。
随分前に、ペルー産をご飯に混ぜて炊いたら、臭いがして食べられませんでした。
でも、岩手のアマランサスは、炊いても臭くなく食べやすいんです。

何故かなぁ・・・
外国から来る途中、船の中で、害虫や菌の処理をするために農薬を使うから?

日本産なら、ポストハーベストの心配もありませんものね。

農家さんから譲ってもらいましたら、HPの雑穀に加えたいと思います。


金木犀が、ほら今年も始まるよ〜っと、オレンジの小さな花を咲かせています。


いよいよ新米の季節です。

いつもお米を作ってくれている渋谷さんご一家です。
今年は猛暑や台風で稲の生育に苦労したそうです。


息子の耕ちゃん、
食味計が付いている最新式のコンバインを新しく購入して、いつも以上に気合が入っています。


渋谷家の仲間たち、しっかり留守を守ります。
 

渋谷さんがさっそく御米を届けていただきました。
いつもながら、感謝の気持ちでいっぱいです。

ちょうど連休で、主人の弟夫婦がお墓参りに来てくれました。
さっそく渋谷さんのお米を炊いてみました。
台所中、新米の良いかおりが!
ありがたい!
ピカピカのご飯が炊けました。


写真は、弟作
キヤノンにお勤めなので腕はプロ級です。

もう言うとこなしに美味しい!
ピカピカの「ひとめぼれ」です。


こんにちは!若おかみです。
結婚してはやくも1年が経ち、色々振り返ってみました。

今では日常なのですが、
はじめて食べたひとめぼれのご飯は忘れられません。
今まで、食べたことのない
甘みがあり、ふっくらモチモチのお米という印象でした。

なんでこんなに美味しいんでしょうか。
ひとめぼれという品種ということもあると思いますが。
やはり、農家さんの”腕”ですね。

たくさんお米があるなかで、
弊社は、美味しいお米だけを取り扱っています!

詳しくはこちら→産地直送米

ちょっと訳ありですが、28年産のつや姫のご紹介です。
つや姫は山形で生まれたお米ですが、宮城県産も美味しいんです。

炊いてみました。
どうでしょう!
このツヤツヤ感は新米のようです。
 
つや姫という名前通りのお米です。

自画自賛で申し訳ありませんが、
美味しくて、お得・・まさに生活応援米です!
あっさりとしてて、飽きないお米です。
冷めても美味しいのでおにぎりやお弁当にもおすすめです。

もちろん、低温倉庫で保管していたお米です。
詳しくは、HPで!

孝子さんが、お餅も作れるHBを持ってきてくれました。

ミヤコガネモチ米を3合を研いで、水を入れて完了
途中、蓬を入れてっと  あとは機械にお任せ〜


搗き立てのお餅が、超〜簡単に事務所で出来上がりました。


超〜 いい感じです!


さすが、もち米のブランド、ミヤコガネのお餅♪
コシがあり、プリッとしています。

お正月に、ボウルと木槌でペッタンペッタンお餅つきしましたが
お餅つき機能の付いたHB、恐るべし!

モチ米の横綱ミヤコガネモチは、HPでお買い求め出来ます。

加美町の渋谷さんが、今年のお米の取引量の打ち合わせに来ました。
皆さんにお届けする「ひとめぼれ」は、この農家さんのお米が主です。



種まきが終わり、ビニールハウスの中で苗の育成中です。
今年は天気が不順なので、温度管理と水かけが一苦労のようです。

加美町周辺は、連休中に田植えをするのがほとんどですが
専業農家の渋谷さんちは8日以降から始まる予定だそうです。

よく観察をして、対話をしながらお米作りをするのが渋谷さんちの米作りです。

しっかりとしたデータ作りと、情熱をもって
美味しいお米を作ってくれる渋谷さんがいらっしゃるからこそ、
私達は胸を張ってお米の販売ができるのです。

いつも米粉をお使い頂きありがとうございます。

今日は原料米のお話しをさせて頂きます。
菅原商店のコンセプトとして、国産米だけを使用しています。
価格が安い外国産のお米は扱っておりません。
あまりにも日常すぎて、
今まであまりお話ししたことがありませんでした。

米粉も用途によって、もち米だったり、うるち米だったりします。
例えば、もうすぐ子供の日ですが、柏餅は、上新粉・・・うるち米で作られます。
お花見の時に食べるおだんごもうるち米です。

うぐいす餅や大福は、もち粉・・・もち米です。
粉でなく粒状の道明寺ももち米です。

HPの菓子料理用米粉とパン用米粉に「米粉はお米が命」と書いております。
この米粉は宮城県産のひとめぼれを100%使っています。
倉庫の米の写真です。


ちょっと見えにくいのですが、29年産 
品種はひとめぼれ、1等米の判が押されています。
粉用なので「粉」としっかり判が押されています。


ちなみに、学校給食用は、トンパックで保管してあります。
この中にはお米が1t以上入っています。

形式は違いますが、
これも29年産、1等米のひとめぼれです。



初めて、原料についてご紹介しましたが、
これからも安心して、弊社の米粉をお使いいただければと思います。

いつもより早く新米入荷です。
7月末までは豊作かとおもいきや、8月の冷夏や台風でたいへんでした。
そんな中で、例年通り沢山のお米を作ってくれる渋谷さんちはすごい!

本当にありがたいことです。
渋谷さんの息子さんとうちの3代目です。

同じ高校出身ということが、今日分かりました。
ちなみに、渋谷さんちのお母さんと私も、先輩、後輩の間柄です。


例年通り、昨日から金木犀がかおりがしてきました。
稲刈りの時期を教えてくれています。




 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM