明日からお彼岸です。
お墓掃除や仏壇掃除、明日から1週間はお精進のお料理でご先祖様をお迎えしなくては・・・

この時期、お菓子といえば落雁。
日持ちがして、仏壇にお供えものにぴったりなお菓子です。

これは「もすほ糖」という板状の落雁です。

大崎市の旧松山町にある老舗のお菓子屋、松月堂さんが作っています。
ジャケットが似合うオシャレな御主人に「もすほ糖」の名前の由来を聞いてみました。

伊達正宗の孫、綱宗の時代、
「茂庭周防」という、松山の城主より「藻塩糖」という名前を頂き、
藻塩(もしお)が「もすほ」になったそうです。
代々受け継がれ、宮城を代表するお菓子になっています。

原料は我が家の一番上等な菓子種、「特上南(とくじょうなん)」
厳選された国産の餅米だけで作っています。

砂糖ともち米の溶けるような食感は、何とも上品で美味しいものです。
そして、名前通り、塩のあんばいも絶妙です。

落雁のウンチクを一つ
「しなる」ことが、上等な原料を使っているあかしです。こんな感じ

1儡岾屬嚢造ついて、食べたい分だけ小分けが出来ます。

病人やお年寄りには、お湯で溶かして食べても良いそうです。
もち米なので、妊婦さんが食べると、おっぱいの出が良くなるのだとか。

は、は〜ん
マシュマロ風米粉でも、出来ますね!
是非 お彼岸に落雁つくり、挑戦してみてください。
作り方はこちら

緑茶はもちろん、ちょっと苦めのコーヒーと一緒にもおススメです。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM