啓子の部屋

宮城でお米や菓子種を製造販売している 『 菅原商店 』 のおかみ啓子のブログです。
米粉のレシピや料理教室の話題、紹介したい素敵な方々、日常のちょっとした出来事をアップします。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< だんご粉でデコもち | main | みんなでお祝い! >>
給食会の展示会がありました。
0
    火曜日、宮城県学校給食会展示会が仙台国際センターでありました。
    給食の食材メーカーさん約50社が集まり、栄養士さんや調理員さんに向けての展示会でした。

    中央に黒のマジックで
    「原料のお米はJA加美よつばの28年産1等米です」と書きました。
    作り手の私たちにとっては、日常の当たり前の事ですが、
    工場見学の皆さんがいらっしゃるといつも驚かれます。
    こういうことをお伝えできるのも展示会のいいところです。


    去年、たくさんの方々から貴重な現場の声を聞かせていただきました。
    それを元に、焼き物・揚げ物・とろみとにまとめて資料を作っていきました。
    農林水産省さんから、
    和食米飯米粉についての「学校給食に役立つ献立作りのヒント集」を頂き活用させていただきました。


    試食は、冷たいクラムチャウダーと黒糖の入った蒸しパンのがんづきでした。
    簡単にご紹介します。

    <冷製クラムチャウダー>
    ベーコンを弱火で炒めたら、玉ねぎを入れて甘みが出るように炒め、
    人参、とうもろこし、水、コンソメ、月桂樹を入れてやわらかくなるまで煮ます。
    あさりの水煮を入れて牛乳を入れて火にかけます。
    沸騰する前に、冷たい牛乳で溶いた米粉でとろみをつけます。
    試食はおいしくなきゃと思い、生クリームを入れてみました。
    (今回は冷たいスープなので、バターは使いませんでした。)

    *米粉は1リットルの水分に対して約50g入れてみました。
    丁度いい濃度になりました。

    <がんづき・・雁月> 宮城のソウルフードです。
    米粉75g 小麦粉75g 黒糖150g お湯150g 酢10g 重層2g
    全部混ぜるだけ
    パウンド型に入れて蒸して出来上がりです。
    ちょっと失敗。
    粉の半分が小麦粉だったのにちゃんと混じっていなくて、ところどころに白い点々が。
    米粉ばかり使っていると、気をつけなくてはいけませんね。

    去年に続き、今年も私どものブースは、お客様でいっぱいでした。
    そして今年も沢山の貴重な現場のお声を聞くことができました。
    離水止め、とろみの調整、ぱさぱさ解消など、
    実際に現場で使っている方々のお声は、大変参考になりました。

    来年もしっかり勉強して、展示会に臨みたいと思います。
    給食を楽しみにしている子どもたちのために、
    安心で安全な米粉作りをしなければと強く思いました。

    お越し頂いたお客様、給食会の皆様、各企業の皆様、
    大変お世話さまでした。





    ひろがれ米粉の輪 | permalink | comments(0) | - | - |

    この記事に対するコメント

    コメントする









    PR
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS