7回目の3月11日
大阪からお嫁に来たよっちゃんと一緒に
南三陸と女川にだんご粉を届けに行ってきました。

午後から行くねと連絡したのに3時半過ぎになってしまい
3か所もまわるなんて、欲張りだね〜と
女川の遠藤さんと従妹の梁取さんに言われちゃいました。

お家に入ったら、沢山の海のご馳走が並んでいました。
蛎汁も食べる?
うん!
と言ったとたんに、お料理開始!

まず鍋に少なめのお水に塩、酒で味をつけ
沸騰したら洗った蛎を入れて2分
ネギと絹ごし豆腐を入れてひと煮立ち
煮すぎは禁物!蛎が硬くなるから!
海の人ならではのレシピです。

美味しいお料理を食べながら、ぽつぽつと遠藤さんが震災当時のことを話してくれました。
津波で、家が流されていく様子、
その屋根の上に、知り合いが乗っていて、助けてと言いながら津波にのまれていったこと、
親類縁者が12人も亡くなったこと
7年経ったから言えるようになったこと、沢山聞かせてもらいました。

有難うね
気持ち、ありがとうね。
まだまだ胸の痛みたくさんあるんだね。

この時期
震災地は何所も賑やか
元気だけど、まだまだ辛いこと沢山有るようです。
遠藤さんのように、今になって言えるようになったという方たち
沢山いるような気がします。

何もできないけど、
少しでも心が癒されるようにまた来るね!と約束して帰ってきました。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM