多賀城の雪華堂さんから
めずらしいみそあんの最中をお土産に頂きました。
雪華堂さんは最中の皮を専門に作って、昔は和菓子屋さんだったので、あんこも超〜美味しいんです。

最中の皮はもち粉が原料です。
雪華堂さんの場合は、最上級のみやこがねもち粉で作っています。

真ん中の長方形が元の餅の大きさで、焼くと膨れて最中の大きさになります。


皮とあんこの練り具合が一致しないと美味しくないそうで、奥深い和菓子です。

最中の皮は、蒸す、搗く、焼く等、工程がたくさんあって、
熱い部屋で汗をかきながらの過酷な仕事です。
いつもお客さんに迷惑がかかるから・・と責任感の塊のように、細い身体でがんばっています。

彼がいないと最中が作れなくて困ってしまう和菓子屋さんがいて、
この米粉でないと、いい最中の皮が出来ないと言ってくれる雪華堂さんがいます。
粉屋もお米を作ってくれる農家さんがいないと出来ません。
缶コーヒーのCMで「世界はだれかの仕事でできている」というフレーズがありますが、
個人的に大好きな言葉です。

ちなみに、こんなかわいいくじら最中の皮も雪華堂さんが作っています。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM