啓子の部屋

宮城でお米や菓子種を製造販売している 『 菅原商店 』 のおかみ啓子のブログです。
米粉のレシピや料理教室の話題、紹介したい素敵な方々、日常のちょっとした出来事をアップします。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< マシュマロ餅のあけがらす風 | main | 誕生日 >>
らくがんの作り方
0
    口溶けのいい美味しいらくがんのレシピです。
    昨日JAみどりの涌谷支店さんで教えたレシピです。
    マシュマロ風米粉は餅米を粉にして特殊な焙煎をしているので、
    材料を混ぜるだけで美味しいお茶菓子ができます。
    火を使わないでお菓子ができるので昔のレトルト食品のようです。

    抹茶とゴマのらくがんです
    材料はマシュマロ米粉50gと砂糖50g、塩ひとつまみ、水10gだけです。
    お菓子やさんでは、砂糖は粉の2倍くらいで作ります。
    この場合だと、砂糖100g、マシュマロ風米粉と水は同量です。
    米粉に砂糖と塩と水を加えただけで作れます。  

    手順は
    よく混ぜます。 ぎゅっと握ると指の跡がつく  親指の付け根でギュッと押します。 スケッパーを使うと便利です。
     ‖腓めのボウルに砂糖と塩を入れ固まりがないようによく混ぜる。
    ◆.泪轡絅泪輊米粉、すりゴマ等を加えよく混ぜます。
     水を加え両手で充分にもみこむように混ぜます。
      * ぎゅっと握ると指の跡がつくくらいにまとめます。
    ぁ〃燭砲靴辰り詰め底になる部分が平らになるように板でこそげて落とします。
    ァ〃燭らはずし、そのまま2時間くらい放置して種がしまったら一個づつラップでくるみます。

    初めて作るとき、水の量が少ないのでレシピが間違っているのでは・・?
    と不安になりますが、大さじ1杯くらいのお水で十分です。
    もし、型から外すときに崩れるようでしたら数滴お水を足してください。
    あんこを入れると宮城の銘菓「しおがま」のようになります。
    黒ゴマの他にお抹茶、きなこ、ユカリのらくがんもおススメです。
    レシピ集 | permalink | comments(1) | - | - |

    この記事に対するコメント

    目下、インスタントのお餅を開発中です。水加減が大切ですね。
    大久長範 | 2012/04/21 10:41 AM
    コメントする









    PR
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    MOBILE
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS