啓子の部屋

宮城でお米や菓子種を製造販売している 『 菅原商店 』 のおかみ啓子のブログです。
米粉のレシピや料理教室の話題、紹介したい素敵な方々、日常のちょっとした出来事をアップします。
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
年末年始のお休みについて。
0
    今年も菅原商店をご愛顧いただき誠にありがとうございました。
    年末年始のお休みですが、12月30日(金)〜1月4日(水)までとなります。
    年内の電話・FAX・インターネットでのご注文分の発送は、12月28日受け付け分までとさせて頂きます。
    それ以降のご注文は、年明け1月5日より順次発送となります。
    来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!


    有限会社 菅原商店
    啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
    新米が入荷しました。
    0
      お待たせしました!
      宮城県産ひとめぼれの新米が入荷しました。
      地元の農家さんが心を込めて作った美味しいお米です。
      秋の味覚をお楽しみ下さい。
      ご注文お待ちしております!

      鈴木さんのササニシキ・蕪栗沼のササニシキは、10月中旬〜下旬に入荷の予定です。
      もうしばらくお待ちください。


      有限会社 菅原商店
      啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
      田んぼにて。
      0
        我が家の『まる』です。
        生後約6カ月ですが、かなり大きくなりました。

        田んぼをバックに。


        田んぼの方も順調です。もう少しで稲刈りシーズン突入です。
        新米の入荷は10月半ば辺りだと思います。
        入荷し次第、ホームページやブログでお知らせ致します。
        啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
        田んぼの様子。
        0
          先日の台風のことで、お客様より何件もお電話をいただきました。いつも気にかけていただきありがとうございます。
          太平洋側直撃という事で不安だったのですが、こちらは特に被害もなく、田んぼの稲も順調に育っています。だいぶ穂も垂れてきたので、収穫も近いなぁと感じます。
          このまま何事もなく、稲刈りを迎えられると良いのですが。
          みなさまに美味しい新米がお届けできるよう祈るばかりです。
          啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
          夏季休業日のお知らせ
          0
            弊社のお盆休みは、8月11日(木)〜15日(月)です。
            10日(水)午前までにご注文頂いた分は、お盆休み前に発送となります。
            それ以降にご注文頂いた分は、16日(火)より順次発送となりますのでご了承ください。

            毎日暑くて大変ですが、皆さまご自愛くださいね。
            私は一人で色々遊びに出かける予定です。
            楽しみです。


            菅原商店
            啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
            黒米の甘酒
            0
              我が家では、毎朝、甘酒を食べます。
              手作りの甘酒はどろ〜っとしていて、スプーンで頂くのが我が家流です。

              もち米と米麹だけで作る甘酒は、喉がひりひりするくらい甘く、まさに栄養満点の飲む点滴です。

              今日は黒米をいれた甘酒を作りました。

              啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
              母と東松島に
              0
                実家の母と二人きりの旅行に行ってきました。
                喜寿を過ぎた母は、現在ちょっと体の具合が悪くて遠出ができません。

                なるべく近場でと考えて、まずは大崎市の映画館で「64」の前篇を観に行きました。
                義弟の菅原大吉がでている映画ですが、佐藤浩一さんの渋い演技が最高でした。

                そして、東松島まで1時間、漁師の宿「桜草」に。
                ホーホケキョ!・・・ すぐそこが海なのに、ほととぎすが上手に鳴いています。
                午後のひと時が、なんだかとても上質な時間に感じられました。



                糸、図案を描いた布、裁縫道具を一式持って、刺繍を教えてもらいました。


                今年私の庭に咲いたミモザです。
                同じモチーフのはずなのに、おおざっぱな私と丁寧な母の作品です。


                帰り際、民宿桜草の前で、記念写真。


                母の大好物のホヤを、直売所で沢山買って帰ってきました。

                母の日のプレゼントにと、粋な計らいをしてくれた息子に感謝です!
                啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
                母の誕生日
                0
                  6月1日は、義母の誕生日でした。

                  夕ご飯のメニューは、母の大好きなコラーゲンたっぷりの手羽の甘辛煮、とうもろこしの初物。
                  そして「アルパジョン」さんのケーキ


                  英良おんちゃんからは、広島のお土産のピカチューのもみじまんじゅうと旅行券を。
                  綺麗なお花は、東京のひろのりおんちゃん宅からです。

                  恒例の帽子をかぶって


                  ポーズもおしゃれな母です。

                  啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
                  根性ダイエット 改め 楽ちんダイエット ♪ 
                  0
                    3月に、根性ダイエットのブログを書きました。
                    目的は股関節になるべく負担がかからないようにするため。
                    ちゃんと継続して毎朝、体重計に乗っています。 (笑)
                    おかげ様で、歩き方はカッコ悪いのですが、傷みはほとんどなくなりました。

                    ダイエット当初は、晩ご飯抜きで1時間お風呂・・・忍、忍あせあせ
                    現在はもち麦の入ったごはんを食べて、楽にゆっくり体重が落ちてきています。

                    朝ご飯はたっぷりめ もち麦ごはん、サラダ、温泉卵、バナナジュース


                    標準的な割合はもち麦:白米を1:1を研ぎ、水は標準の目盛よりちょっと多めです。
                    白米2:もち麦1を研いで水を入れたら、十五穀米を適当にざざっと入れて炊くのがお勧めです。
                    もち麦の食感と十五穀米の甘みと香りで本当に美味しいです。
                    そして身体にも良い!
                    入れるものとしては、押麦や発芽玄米、黒米など、その日の気分やおかずによって変えて食べています。

                    私的には、ホカホカのご飯じゃなくて、冷めたご飯をよく噛んで食べたほうが腹持ちが良いようです。

                    自分だけもち麦や雑穀ご飯という方は、1食分づつ分けてラップに包み、平らにして冷凍しておくといいです。
                    (1センチほどにして冷凍すると、短時間で解凍ができます。)


                    昨晩は入れすぎて、入歯の義父に注意されてしまいました。
                    ちなみに我が家では雑穀がたくさん入ったご飯を、「パンチのあるご飯」と言っています(笑)

                    でも、あしたは十五穀米だけの、顎に優し〜い雑穀ご飯にしようと思っています。

                    もち麦と十五穀米、とってもオススメです。


                    啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
                    殿、利息でござる
                    0


                      「殿、利息でござる」がいよいよ封切られました。
                      義父、義母、義母の妹の4人で観てきました。

                      舞台は江戸中期の伊達藩、黒川郡の吉岡宿。
                      吉岡宿は年貢の取り立てや労役で困窮していました。
                      そんな宿屋町の行く末を憂える主人公が穀田屋十三郎他9人衆
                      庶民でまとまったお金を藩に貸し、その利子を全住民に配り、吉岡宿を立て直したというストーリーです。
                      映画初出演となる羽生結弦くんの演技も、若殿の雰囲気ばっちりでした。

                      吉岡は、仙台から20分程にあるのですが、義母の生まれた町でもあります。
                      穀田屋十三郎らは足掛け8年にわたり小銭を貯めて仙台藩への貸付に成功したそうですが、9人衆の千葉雄大演じる「千坂仲内」の子孫が身内にいました。
                      菓匠「ちさか」のおじさんです。


                      名物 あんこが美味しい大きい大福です。



                      映画の帰りに吉岡の町をゆっくり車で通ってきました。
                      今もご商売している穀田屋さん、浅野屋改め浅田屋さん、お茶畑があった路地、お寺 等々
                      母と叔母の説明付きでとっても興味深かったです。
                      昔、昔、だれも考えつかない画期的な方法で、貧乏だった宿場町を救った本当にあったお話し。
                      忘れてはいけない日本人の心意気が感じられた映画でした。



                      啓子の部屋 | permalink | comments(0) | - | - |
                      << 2 >>
                      PR
                      CATEGORIES
                      SELECTED ENTRIES
                      ARCHIVES
                      RECENT COMMENTS
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE
                      OTHERS