米粉の講習会がありました。
「あなたもいきなりパテシェ」という楽しいテーマつき
調理室がないので普通の部屋での講習会です。

火が使えないので、餅米を焙煎したマシュマロ風米粉を使って
メニューは、あけがらす、落雁、くるみゆべしの3品でした。




手術してちょうど1ヶ月
足の痛みもなく、
佳ちゃんのお手伝いで無事講習会を終えることが出来ました。

仙台の泉区七北田にある泉中央老人福祉センターは
カラオケや囲碁、卓球、フラダンスなど楽しい教室等々あり
いつも元気な利用者さんでいっぱいです。
お風呂もあって、至れり尽くせり

お近くの方は、一度行ってみたらと思います。
均さんはじめ親切なスタッフさんがお迎えしてくれます。



久々のブログです。

神奈川県に住んでいらっしゃる北村様が作った落雁です。
お手紙と一緒に手作りの箱で届きました。
ほんのり柚子の香りのするやわらかい落雁です。


研究熱心で、落雁というキーワードで検索すると
日本で一番多く読まれているブログだそうです。
落雁の原料を作っている私にとってとっても勉強になります。
「落雁教室のブログ」です。

落雁、落雁の木彫りの型について興味のある方、どうぞご覧ください。

毎年恒例の講習会です。
食べ盛りの中学生の子供たちに米粉を使ったお料理教室です。
メニューは、だんご粉でクレープとチーズの入った焼き餅でした。

講習会が終わった後にいただくお葉書をいつも楽しみにしています。



作ることは楽しいこと!
これが一番ですよね!

花巻の友達より
「金塚晴子先生のHPに弊社の米粉う使ったお菓子が出てるよ」とのこと。



工作感覚で作ったと書いてあります。
・・・20日のブログで私が作ったくるくる巻いたものとは段違いにきれいです。

和菓子スタジオへちまさんのHPには、
美味しそうなお菓子のレシピを見ることが出来ます。
こちらをクリック

金塚先生、ありがとうございます。


県内の給食には、私達が作っている米粉を使って頂いております。
安心、安全のために給食会さんの監査が年に1回実施されています。



米粉パンは平成18年から給食のメニューとなっています。
始まって以来、残食が少なく子供たちの人気メニューだそうです。



JA古川さんでだんご粉を使った講習会がありました。


メニューは、いちご大福、栗だんご、米粉でとろみをつけたニョッキでした。

栗だんごは蒸し器で作りました。
だんご粉が100gに対して80gの水を入れるとちょうど耳たぶくらいになりますが、
お餅のような食感にしたいので今回は小匙1ほど水を控えました。
つぶすと割れ目ができるくらいの硬めの生地です。


蒸かすときは、時短のため暑さ均等に数個に分けて
 10分弱で蒸けます。

こんななめらかな生地が出来ます。
栗だんごのレシピ
 レンジなので粉と水が1:1となっております。

いちご大福は、春らしく白あんで作りました。

㋜のだんご粉は、宮城では知っている方もたくさんいらっしゃいますが、
だんごで大福や栗だんごが作れてみなさんにとても喜んで頂きました。

姪っ子の息子が1歳になりました。

一生、食べ物に困らないようにという願いを込めて
一升の餅米を搗いて子供の背中にしょわせてお祝いをします。


米粉パンの美味しいモナモナさんで一升餅の代わりに一升パンを作ってもらいました。
総量1.8kg、名前入りの特注です。

実家のお誕生日、盛り上がりました〜

宮城の食材をこよなく愛しいている
ホテルレオパレスの料理長の瀬戸さん
食材王国宮城の窓口の様な方です。

その瀬戸シェフのご紹介で、
中華料理の達人の黒森さん
がいらっしゃいました。
農林水産省の料理マスターズを受賞された方で、宮城からは初めての受賞者だそうです。
東日本大震災をきっかけに、料理で役に立ちたいと宮城に移住されました。
食材を探して県内を回るうちに宮城県が中国料理の食材の宝庫だと気づき
5年前に仙台に「楽・食・健・美 −KUROMORI-」を開いたそうです。

大根餅などの点心に米粉が使われます。
私たちの米粉作りの工程を熱心に見学していただきました。

テレビ局の方も同行していて、黒森さんのドキュメンタリーの番組を製作しているそうです。

お店は仙台の向山にあるそうで要予約です。
食べログ

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

わが家は最長記録で8日間のおやすみでした。
大晦日に還暦のお祝いをしてもらいました。
幹事は聡美おばちゃん。
テーマは、赤ずきん(私)と送りオオカミ(ひでよしおんちゃん)

着ぐるみ、武井咲風等
文句も言わず、皆ノリノリ〜♪

今年は亥年。
短い足で、しっかり大地を踏みしめてるのはい〜い感じです。
あっちにフラフラ、こっちにフラフラ、寄り道が多いこの頃。
けっして猪突猛進は出来ませんが、
還暦という人生のUターン地点を楽しみながら暮らしていきたいと思っています。

あの鼻でクンクン幸せの臭い・・を探すのもいいかもしれませんね。

岩沼市で米粉を使った講習会がありました。
主催は「いわぬまのおばちゃんち」
食を通じて、代表布田尚子さんを中心に
親戚のあばちゃんの家のような温かな空間を作ることを目指しているそうです。

月1度の巡回型のこども食堂での講習会でした。
メニューは、ニョッキとクレープ

講習会の様子




出来上がり


食後、米粉のクイズがあり、私も認定証を頂きました。


作った後に米粉のお勉強まで、
おかげ様で中身の濃い、しっかりとした講習会となりました。

大変お世話になりました。



Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM