昨年のお歳暮で好評だった『宮城米食べ比べセット』が
イオンの夏ギフトに掲載されています。


『みちのく幸箱(こばこ)』といって、東北の名産品24点の中から、よりどり3点を自由に選んで贈る、組み合わせギフトです。(P22,23参照)税込4,010円です。



菅原商店の『宮城米食べ比べセット』は アルファベットの「I」になります。
ササニシキ、ひとめぼれを食べ比べできます。


[承り期間] 5月15日(金)〜7月31日(金)
[お届け]  6月21日(日)〜8月15日(土)
となっております。

みなさんどうぞよろしくお願い申し上げます!

長女の小学生だった頃のママ友が、長年の夢だったお店を開店しました。
いっぷく亭というお店です。


メニューは、山の恵みいっぱいの山菜の天ぷらや玉こんにゃく
煮玉子、山菜おこわやそば田楽があります。
山菜のうるいのお漬物やお茶はサービスです。


山形のスイカで有名な尾花沢に通じる347号線をまっすぐ行った所で
土、日、祝日営業しています。

今の時期は新緑がきれいで
濃い緑、薄い緑、まだ桜も咲いていました。

近くには、漆沢ダムがあります。
成瀬川は県北の穀倉地帯である大崎平野を流れ東松島で仙台湾に注いでいます。


山形に行く途中ですので、是非お立ち寄り下さい。

横浜ベイホテル東急さんで好評開催中の食材王国みやぎですが、
4月19日(日)までとなっております。
昨日も県職員の高奥さんから、美味しかったよ〜と電話がきました。
我が家関連は、家族・友達含め、合計10数人が食べに行きました。

前回私が撮ってきた写真が下手だったので、改めて娘が撮ってきたのを載せます。

米粉のフリット


盛り合わせ


色々


随時モニターで、生産者や製造者の動画が流れています。
義母はそれに釘付け。


わざわざ駆けつけてくれた英良おんちゃんも、満足して帰って行きました。



明後日までです。みなさん、どうぞ足をお運びくださいね〜!

NHK『てれまさむね』で、安心君が放送された約1時間後。
たけしの家庭の医学で、隣町の色麻のエゴマが取り上げられました。
私は外出していてリアルタイムで見られなかったのですが、次女がビデオを録っていてくれました。

それによると、エゴマは「畑の青魚」ということで、血管を若々しく保つことができるオメガ3がたくさん入っているそうです。

早速、主人が近くのスーパーへ。
しかしどこも売り切れ。
やっとの思いで、近くのかっぱの湯でエゴマ油を買ってきました。(うちの主人、はっきり言ってかなりミーハーです。)

はりきって買ってきたところあれなのですが・・・
我が家で毎日食べている十五穀米にエゴマ入っているんですけど。。。

エゴマはもちろん、発芽玄米、黒米、ひえ、きび、あわ、豆などなど。
菅原さんちの十五穀米、おすすめです手

先日、宮城で開催されていた世界防災会議が無事に終わりました。

その関係もあってか、非常食を製造している会社ということで、
NHKさんに『安心君』を取材して頂きました。

3月24日(火) 18:10〜 NHK総合で放送です。

元々義父が作った商品ということもあり、
義父母が監督で、じーっと見守られての取材となりました(笑)
何度か義父にNGを出されましたが、
リポーターの吉田さんはじめスタッフの皆さんのおかげで、
ちゃんと安心君の良さが伝わるようにお話できたと思います。




てれまさむねは仙台放送局の番組なので、宮城の方はお見逃しなく!

「やっぺぇ」のぬいぐるみを頂きました。
ブサカワです手

ホテルレオパレス仙台さんのレストラン『トラットリアクチーナオランジェリー』さんで、
弊社の米粉を使っていただいております。

父と母にいつかご馳走したいと思っていたのですが、
出不精の父を仙台のホテルに連れて行くのは、なかなか至難の業です。
そこで、仙台の身内のお墓参りを口実に行ってまいりました。

いつもと違う雰囲気に二人共少々緊張気味です。


お魚のランチ




レストランのスタッフの気遣いで、朝食用にだされる雑穀パンをいただきました。
実は父が考えた雑穀入りの米粉パンなのです。
90過ぎても商品開発をやってる父は本当に超人的です。


米粉ピザ


米粉シフォンケーキ
様々な料理に使っていただいています。

美味しくてお得感のある、彩りもキレイなランチです。
仙台駅東口から徒歩5分と立地もいいです。
みなさんどうぞ食べに行ってみてくださいね〜!

詳細はこちらから




横浜ベイホテル東急のレストラン『カフェ トスカ』で、
2015年3月2日(月)〜4月19日(日)の期間、
ナイト・キッチンスタジアム〜食材王国みやぎ〜が開催されています。



県の食産業振興課 ブランド推進班の宮本さんが、
小川シェフはじめホテルの関係者といらっしゃったのが昨年11月。
製粉工場の見学をして、私たちの思いをしっかり聞いていただきました。
宮城の食材を素晴らしいお料理にしてくれた横浜ベイホテルさん
に、感謝の気持ちでいっぱいです。

ブッフェメニューのひとつとして、弊社の十五穀米と米粉を使ったお料理が出されています。

●加美町 菅原さんちの国産十五穀米の入った登米市産米とパルミジャーノ・レッジャーノのリゾット
●宮城県産 森林鶏と加美町 菅原さんちの宮城県産「ひとめぼれ」で作った米粉のフリット
●加美町 菅原さんちの宮城県産「ひとめぼれ」の米粉で作った ショコラのシフォンケーキ

先週、横浜に出張があったので早速行ってきました。

フリット

シフォンケーキ

リゾットはこんな感じで目の前で調理して頂けます。
パルミジャーノレッジャーノの器を削り、そこで十五穀米と絡めます。





カムカム鍋で鈴木さんのササニシキの新米を炊いてみました。


今年も甘みがあってとても美味しいです。
みなさんどうぞよろしくお願い致します。

東京近辺の方に、耳寄りな情報を一つ
宮城の食材をふんだんに使った、
いきなり、んめっ!『はらくっつい 宮城食堂』が
丸ビルにオープンします。

”はらくっつい”とは宮城の方言で”まんぷく”のこと。
”いきなり、うめっ”は、すごく美味しい!ってこと・・これも方言
有名な中華、イタリアン、フレンチのシェフがレシピ提供するメニューは
そういわれること間違いなしです。
先日、プレス発表があり、私も生産者の一人として東京で試食をさせていただきました。


日本でも指折りの料理人がレシピを提供し、1000円で食べられるというめったにない企画です。

期間は2月20日〜3月4日まで
時間は11:30〜14:00まで


メニューは
第1週は、イル ギオットーネの笹島氏の漢方豚と仙台雪菜のラグーソースのスパゲッティ
第2週は、際コーポレーションの中島氏のマーブルポークを使ったまっ黒な酢豚
第1.2週とものメニューで宮城県代表で塩釜のシェヌーの赤間シェフの
塩釜のメバチマグロのタルタル仕立て、クルミとエスカルゴバター風味
レストラン・シェ・パパの佐藤氏の真鱈のベーコン巻

弊社の米粉は「ほうれん草入りみやぎ米ひとめぼれの米粉ポルポローネに使って頂きます。
全部の定食のデザートとして食べられます。
緑色が鮮やかで、ほろほろして舌にのせると溶けてしまうようなお菓子です。

皆さん、ぜひ丸ビル1階 丸の内カフェeaseに足を運んでみて下さいね〜!

詳しくはこちらから

西村知美さんのブログで、おもちもちもちが紹介されました。
1月15日付けの日記で、タイトルは「クイックおもち」です。
楽しいほのぼのしたブログで、頻繁に更新されているようです。
みなさんも見てくださいね〜!

西村知美さんのブログはこちら


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM