道路に面した事務所の壁に、「農家さんの米直売所」など、大きな字のポップを貼っています。

字ばかりじゃ面白くないねぇ・・・・
ということで、「かみ〜ご」を描いてみることに。
「かみ〜ご」は加美町のゆるきゃらアイドルです。

さっそく、画用紙と絵の具で 真剣!

几帳面な佳ちゃん、自由にささっと描く孝子さん、てきとうな私、
同じお手本を見ても三者三様です (笑)

車や歩いている人に、見てもらえるかしら・・・♪



気づいた何でもやってみよう!をもっとうに、色々試行錯誤しながら頑張っています。
ダメだったら、引っ込めて、考えてみる・・

楽しんで仕事をしている女性軍です。

美味しいお米を作っている渋谷さんが、新玉葱を持って遊びにきました。

天候が順調だったら今年も9月20日頃お届けしますとのこと。
預言?・・・と思いきや、去年も新米入荷はほぼ約束した日だったのです・・・!

なぜ予想がついたのか?
それにはちゃんとした根拠がありました。



〜これまでの渋谷さんの米作り〜

四月、苗作り
今年はじめての試みで、プール育苗という苗の作り方をしたそうです。
水が苗箱の下部、根っこから吸えるようにし(苗が一定に育つ)、
30日〜35日かけてゆっくり育て病気に負けない苗作りをしたそうです。

五月、代掻きと田植え
代掻きとは、田んぼを掘り起し、土をほぐし、水をはり土を平らにすることです。
でこぼこしてると、田んぼの中の高低差により、苗の成長が一定にならないのです。

※揃える、一定にするという事が稲作には重要
田んぼの端、真ん中、水口など(水が入ってくるところ)、
場所によってばらつきがあると収穫量、品質が落ちるのだそうです。
逆に、何所の田んぼも品質、量を一定にとれるように工夫することがプロの農家ということです。

〜今後の米作りについて〜
今年は6月22日が夏至となります。
夏至を境に日照時間が短くなっていき、成長期、収穫期をむかえます。
この時期の茎の太さによって穂の数が決まり、籾の数、収穫量が決まるのだそう。
1日1cmくらい成長し、稲穂が育っていきます。

稲は以根と昔は書いてたそうで、稲の丈と同じくらい根っこが生えているそうです。
見えないけれど根っこが大切なんですね。


〜こんな話もしてくれました〜
人は健康診断で身体の調子を測ります。
米作りも同じく、毎日田んぼを観察し、米と会話し、水の量を管理し、追肥し、草を刈る・・・。
そこに米作りの楽しみ、おもしろみがある。

・・・深いです!


渋谷さんは、元農業高校の先生ということもあり、自分の田んぼのデータを何年もとっています。
既に1冊の本に出来るほど、ということでした。

米作りは、日々の目に見えない加減、努力によって、秋の品質の良い御米作りにつながっているんだなあとしみじみ思いました。

6月になったら、夏至に田んぼに行って、渋谷さんの話を聞いてきます。                                            










となり町のシャクヤクを見に行ってきました。

朝早いと、広〜い公園には誰もいません。
香水みたいなかおり♪ お花を独り占めした気分♪です。


つぼみがたくさんのエリアも
まだまだ見頃です。

股関節の手術して1ヶ月がすぎ、どこにでも行けるようになりました。








多賀城の雪華堂さんから
めずらしいみそあんの最中をお土産に頂きました。
雪華堂さんは最中の皮を専門に作って、昔は和菓子屋さんだったので、あんこも超〜美味しいんです。

最中の皮はもち粉が原料です。
雪華堂さんの場合は、最上級のみやこがねもち粉で作っています。

真ん中の長方形が元の餅の大きさで、焼くと膨れて最中の大きさになります。


皮とあんこの練り具合が一致しないと美味しくないそうで、奥深い和菓子です。

最中の皮は、蒸す、搗く、焼く等、工程がたくさんあって、
熱い部屋で汗をかきながらの過酷な仕事です。
いつもお客さんに迷惑がかかるから・・と責任感の塊のように、細い身体でがんばっています。

彼がいないと最中が作れなくて困ってしまう和菓子屋さんがいて、
この米粉でないと、いい最中の皮が出来ないと言ってくれる雪華堂さんがいます。
粉屋もお米を作ってくれる農家さんがいないと出来ません。
缶コーヒーのCMで「世界はだれかの仕事でできている」というフレーズがありますが、
個人的に大好きな言葉です。

ちなみに、こんなかわいいくじら最中の皮も雪華堂さんが作っています。

昨日の米粉の違いについての実験の続きです。

餅はもち粉で作るのが
菓子料理用米粉を使ってやわらかい生地が出来るかを考えてみました。

関西では、こんなお団子が売っています。
※ 佳ちゃん(大阪出身):あれっ、宮城ってないんですか? 
東北では、何にもつけないでそのまま食べるだんごってあまり見かけません。
 

三色団子でレシピをみると、米粉と砂糖の割合が同量
いがいと甘そう・・・
ちなみに、うるち米を粒度を粗く製粉した上新粉を使っています。

真似っこして作ってみました。

菓子・料理用米粉100g
水 80g
砂糖 10g・・・これはお好みで

 .椒Ε襪悩ぜて、ふわっとラップをしてレンジで600w2分30秒かけます。
◆〜毒を取ります。※ 水にさっとつけるとすぐ捏ねられます。
 蓬を入れて捏ねます。※手水をして、なめらかになるようになるまで。


ぁ\乎呂鬚舛って成型



弊社の米粉の製粉方法はこちら
工場では製粉毎に水を入れて加熱して、色、香り、味をチェックしています。

菓子料理用米粉は、名前のとおりケーキやお菓子、お料理のとろみ等におすすめしていますが
おだんごも美味しくできました。

※現在販売している菓子料理用米粉は、30年産の宮城のひとめぼれ100%

菓子料理用米粉を使って、レンジで草餅が作れませんか?
というお問い合わせをいただきました。

一般的に餅を作る時は、餅米を一晩水に浸けて蒸かしてから餅つき機で搗きますが
米粉屋なものですから・・・粉を使う利点をあらためて考えてみました。

・食べたい時に手軽に作れること。
・少量でも作れる。
・豆やゴマを入れたり加工しやすいこと。
・時間が経ってもかたくなりにくいこと、などです。

草餅はもち粉の方が良かったのでは・・・と思いつつ、
菓子・料理用米粉ともち粉で電子レンジで加熱して作ってみました。

条件   :粉が100gに対して80gの水 
     :レンジにかける時間は各600Wで2分30秒

水を入れて混ぜると、
菓子・料理用米粉はさらっとしていて粘りません。
もち粉は手に多少くっつきます。

ラップをして加熱後
                      菓子・料理用米粉は白くてご飯の香りがします。      かたくて箸でかき混ぜられないので、ちょっと熱かったけど手で捏ねました。


                      もち粉は白濁しててお餅の香りです。      箸でかき混ぜただけでお餅になりました。



 
    左がもち粉 右が菓子・料理用米粉  

菓子・料理用米粉は、だんごができました。やっぱり上新粉の仲間なんですね。
もち粉は名前のとおり、美味しいお餅が出来ました。

だんごは、うるちが原料で歯切れが良く、もちは餅米で作り、コシがあって伸びます。
*餅米のデンプンは、粘り気がでるアミロペクチンで出来ているためです。

結論は、もち粉を使うと手軽にお餅が出来ますということです。

蓬を入れるタイミングは、鮮やかな色と香りが逃げないように、餅が出来てから捏ねるように混ぜます。
もちろん、蓬は茹でて刻んでおきます。

ご質問頂いたお客様に申し訳ないので、
菓子料理用米粉を使ったお餅の様なレシピ考えてみますね。

ジャックと豆の木みたいにぐんぐん伸びています。
孝子さんが育ててくれて3月に地植えしたさやえんどうです。
強風をもろともせず、しなやかに揺れています。

白い可愛い花がたくさん咲いて、もうすぐ食べられそうです。
お煮しめ、みそ汁、マヨネーズでも美味しそう・・・

イチジク


秋に土に埋めたにんにく
スーパーでは1個200円位で並んでいます。
なんだかお金持ちになった気分です (笑)


じゃが芋、私の好きなキタアカリです。



野菜たちにパワーもらっています。



米粉の講習会がありました。
「あなたもいきなりパテシェ」という楽しいテーマつき
調理室がないので普通の部屋での講習会です。

火が使えないので、餅米を焙煎したマシュマロ風米粉を使って
メニューは、あけがらす、落雁、くるみゆべしの3品でした。




手術してちょうど1ヶ月
足の痛みもなく、
佳ちゃんのお手伝いで無事講習会を終えることが出来ました。

仙台の泉区七北田にある泉中央老人福祉センターは
カラオケや囲碁、卓球、フラダンスなど楽しい教室等々あり
いつも元気な利用者さんでいっぱいです。
お風呂もあって、至れり尽くせり

お近くの方は、一度行ってみたらと思います。
均さんはじめ親切なスタッフさんがお迎えしてくれます。



ゆべしの作り方を検証してみました。

マシュマロ風米粉が50gに対して
水の分量を60g 70g どちらが良いか・・・
夕食後レンジで2パターン作り、翌日、事務所で試食してみました。
結論として、食べる方の好みということで、60〜70gという分量にすることにしました。



やわらかいゆべしorもっちりとしたゆべしか・・・

マシュマロ風米粉をお持ちの方は、是非作ってみて下さいね。
どっちもお菓子屋さんに負けないくらい美味しいです!

くるみゆべしの作り方はここです

天気に恵まれて農作業が順調なようです。
小さな苗が温かい水の中から、ちょこっとだけ顔を出しています。


わが家のブランドとしてお米を作ってもらっている渋谷さんちの田植えの様子です。
おだんごを差し入れに持って行きました。


今年も美味しいお米が出来ます様に!


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM