天高く 馬肥ゆる秋
そんな秋にぴったりな・・というか個人的に大好きな納豆餅です


このだんごはレンジでチンして作ったものです。
粉の水だけで作るので、お餅のようなこしのあるだんごになります。
その作り方をご紹介します。

 まず、耳たぶくらいに練って
*今日はだんご粉500gにたいして400gの水です。

 ”あたため強”レンジでチン! 

 チン! こんな感じ 
*クンクン お餅のいい香りが ♪

ひと手間かけて、ちょっと一人餅つきをするともっと美味しくなります。

 お水で粗熱をとって 
普通こんなことをするとドロドロになるのですが胴つき製粉はコシが違います。そこが自慢です!

ここからちょっと力仕事
  ぎゅっ!ぎゅっ!

少ないときは  
お餅の表面を張る感じ・・・というかパンの生地作りのようです。

はい!お餅の出来上がり! 

どうです〜 美味しそうでしょう・・
家自慢ののだんご粉は、丸めて茹でるとふわふわ
レンジや蒸し器で作るとお餅のようにこしがでます。

食べたいときが美味いとき〜なーんて 気軽にお餅が作れます♪
是非、お試しを!



私がいつも困ったときに救いの手をそっと差し伸べてくれる湯浅先生

こんど先生の本が出版されます。

2年かかって温めたたくさんのレシピ

ケーキ用米粉 パン用米粉 マシュマロ風米粉 雑穀
ありがたいことにうちの米粉を使っています。

本が出来ましたらすぐ皆さんにご紹介したいと思います。

  

今日はお月見です。

昨日の夜 母とずんだを作りました。

豆はマイ畑と舞茸を作っている渋谷さんからいただいたもので作りました。

5月にはじめに種をまいたのに
いつまでも葉っぱが青々していて
このままでは、豆がならないんでは・・・と心配しました

普通の枝豆より1ヶ月以上もおそくなりましたが
こんなにりっぱな作品に
秘伝という品種で、茹でたらもう部屋中い〜い香りが
 秘伝の豆 そのまま食べても美味!

豆の殻を剥いて薄皮をはいで
 ←これが面倒

ここまで来れば楽勝です。
フードプロセッサー登場!

豆300gに砂糖100g 塩少々 
隠し味は日本酒大さじ1も一緒に入れます。
  いちどヘラで

おだんごは今晩のお楽しみです。
もちろん だんごの粉はうちの特製のマルスのだんご粉です。

只今、空は曇っていますが
お月見できますように


たくさん作ったので、冷凍にして お正月用にとっておきます。

野菜が高騰しておりますが
我が家では自家製野菜が大活躍です。
 モロヘイヤ、おくら、トマト

なすの揚げびたしを作ろうと朝から揚げ物をしていたら
ひらめきました!
味噌汁にしようと一緒に出した豆腐も揚げてみることに

水+米粉+醤油少々をとろ〜りと混ぜて
それを豆腐にまんべんなくつけて ジャーン ”揚げだし豆腐”です。
  ぽんずをかけて召上れ〜

一般的には片栗粉をまぶしますが
豆腐同士がくっついて大変だった経験ありませんか?
米粉だとそんなこともなく、作りやすい!
油も汚れにくい!
それに、食感 さっくり〜です。
良いことだらけです。

醤油の下味がきいて、そのまま何もかけなくてもいけます。

またまた身近なお料理レシピができました。

美味しい甘納豆を頂きました。
食べたいときが作るとき?・・・・

よ〜し 甘いパンを作ろうっと


米粉って何とでも相性がいいようです。

ん〜ン 美味しかった!

ハーブパンを作りました。
プレーンパンの分量に
セージ、タイム、ローズマリーをみじん切りにしていれてみました。


お客様がいらっしゃるので急いで作ったのですがなかなか発酵が進みません・・・

どうしようかなぁ・・・・
と思い車の中でパンを発酵させてみました。


大成功です。
ものの15分でちょうどいい大きさに

宮城は雨続きでお天気があまりよくありません。
湿気と温度がちょうどいいパン日和のはずなのに
残念ながら今年は冷夏のようです。

家庭科の先生方に米粉の講習会をすることになりました。

長梅雨ではっきりしないお天気
シチューを作ることになったのですが、どうしようかなぁ・・・

と言うことで,かぼちゃのポタージュを試作してみました。

ひたひたのお水を入れて かぼちゃ、人参、玉ねぎを柔らかく煮ます。
 

米粉を牛乳で溶かし、とろみがでるまで煮ます。

フードプロセッサーで ガーッツ で、塩、胡椒
 とろ〜り こんな感じ♪ 

米粉を使う利点は・・・?
ということで、ちゃんと食べくらべしましたよ〜

米粉でとろみをつけたほうがコクがあってなめらか

思ったとおりだぁ !!

でもあまり米粉を入れすぎると、どろーッとするので
ちょっとだけ調味料としてお使い下さい。

水分量が水+牛乳で1リットルだとすると、米粉は20gくらいです。

冷たくしてパセリを散らして、どうぞ!

技術のおもちゃ箱で大好評だったたまごパンの作り方です。
オイル・膨張材・小麦なし!
混ぜて焼くだけなのにふんわり〜  不思議です〜


《 たまごパン 》

材料 マシュマロ風米粉 30g
砂糖 15g
塩 少々
片栗粉 15g
Mサイズ卵 1個(50g) 
レーズン 10g    *オーブン210度に余熱

 .泪轡絅泪輊米粉以外を全部泡だて器で混ぜます。
◆(栃瓦鯑れゴムベラで切るようにさっと混ぜます。
天板に大きなスプーンで6等分に落とします。
ぁ210度で約13分焼いて出来上がり!

米粉、片栗、卵、砂糖、レーズンだけ 

カレーのスプーンで大体同じ分量になるように天板に落とします。
    膨らみます〜

コツはマシュマロ風米粉に含まれている空気をつぶさないこと
スプーンでコネコネはしないで下さいね。
あくまで混ぜるだけですから・・・・そう、簡単なのが難しいんです?

今日は「米粉料理でロハスな生活」という
おしゃれな名前の付いた講習会がありました。
美里町の中埣地区公民館という所で私の記憶では3回目です。
公民館の太田さんいわく、
米粉の講習会はみんな楽しみにしてるんですよ〜 とのこと
定員オーバーぎみのたくさんのお母さんたちが集まってくれました。

メニューはシフォンをデモで
がんづき、チヂミ、シチュー、皆さんのリクエストでアイス大福でした。

こんな裏ワザご披露です。
牛乳パックを4センチくらいに切って両端をホッチキスで止めます。
それにお弁当のホイルを入れて
蒸しパンの種を流します。
 

これだったら型入らずで食べたかったらすぐ作れます。
オーブンでカップケーキやゆべしを蒸すときに使うことも出来るのでは・・

なんかちょっとワクワクしました。

がんづきの作り方は←こちらをクリック

お祖父さんがすごいことを考えました。
もしかしたらマシュマロ風米粉は非常食にもなるのでは
・・・・むむむ さすが戦争を経験した人です

マシュマロ風米粉は餅米を蒸かして乾燥して砕いて焙煎したもの
・・なのでα化された米粉なのです。
半分調理済みということで
火を使わずにお餅ができるってことになるわけです。

先に胡麻やきな粉に砂糖を加えてまぶすものを準備しておきます。
講習会での余ったずんだも使って

レシピは申し訳ないほど簡単!
材料 
マシュマロ風米粉・・・・・50g
砂糖・・・・・・・・・・・10g
水・・・・・・・・・・・・50g

全部混ぜて ♪   

   ころがして、切って ♪
即、まぶしておしまいです。もうこれで出来上がりです。

あとは20分くらい待ってるとモチモチしたマシュマロ食感のお・も・ちに!
・・不思議でしょ・・・?
良いことだらけで次の日になっても固くならないのです。

マクロビで有名な陣田靖子先生が
このほどマシュマロ風米粉を新しい米粉のレシピ本に紹介してくださいました。

今度ご紹介しますね。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM