金木犀が、ほら今年も始まるよ〜っと、オレンジの小さな花を咲かせています。


いよいよ新米の季節です。

いつもお米を作ってくれている渋谷さんご一家です。
今年は猛暑や台風で稲の生育に苦労したそうです。


息子の耕ちゃん、
食味計が付いている最新式のコンバインを新しく購入して、いつも以上に気合が入っています。


渋谷家の仲間たち、しっかり留守を守ります。
 

渋谷さんがさっそく御米を届けていただきました。
いつもながら、感謝の気持ちでいっぱいです。

ちょうど連休で、主人の弟夫婦がお墓参りに来てくれました。
さっそく渋谷さんのお米を炊いてみました。
台所中、新米の良いかおりが!
ありがたい!
ピカピカのご飯が炊けました。


写真は、弟作
キヤノンにお勤めなので腕はプロ級です。

もう言うとこなしに美味しい!
ピカピカの「ひとめぼれ」です。


もうすぐ敬老の日ですね。

私たちが作っている商品で、
「いつまでもお元気に」という雑穀米があります。
宮城の雑穀を主体にして、15種類の雑穀で作っています。
いつも自慢してしまいますが、
93歳のお祖父さんはじめみんなが元気なのは、雑穀のおかげもあると多々あると思います。

栗ごはんの写真です。


雑穀のほんのりピンクが栗を引き立たせています。
今が旬の栗は、とっても栄養価が高いんです。

研いだお米に、雑穀を入れて(1合に大匙1杯が目安です)
栗を入れて、お塩を少々、後は炊飯器におまかせ〜

今年の夏のダメージを吹き飛ばすようなご飯です。
是非、いかがでしょうか!

昨日、加美町の敬老会がありました。
父93歳 母86歳


包括支援センターのお世話で、8月から週1で足腰のトレーニングに通っています。
はじめはどうなることかと思いましたが、
案外、毎週たのしみのようで、生活にメリハリがでてい〜い感じです。

久々に、知り合いにあえてとても楽しかったようです。
今年も、家の菓子種を使った落雁がプレゼントされました。


町一番の御長寿は106歳の井上さんというお祖父さんです。
実は父のいとこなんです。

100歳まで元気に長生きしてほしいです。

秋の気配・・
もう少し早く書けばよかったのですが、
夏の強い日差しを利用してドライトマトを作りました。


ミニトマトがたくさんできてうんざり(・・・ごめんなさい)してたら、ひらめきました。

半分に切って切り口をお日様にあてて、約2日
レーズンみたいに甘いトマトに大変身!

オリーブオイル、にんにく、バジル、塩と一緒に瓶に入れて冷蔵庫の野菜室で保管・・・熟成?

塩の効いたお湯でパスタを茹でながら、フライパンで、唐辛子、ベーコンを炒めて、合体


どこかのシェフが作ったような香り高き、トマトとバジルのパスタの完成です。

米粉には関係ありませんが、とっても美味しかったので!

加美町の食の文化祭が10月28日にあります。

役場の商工観光課さんから、今年の調理体験のレシピの提出を急かされました。
ここ数年「加美町ピザ」を講習していたのですが、
お好み焼きもいいかも?と思い、早速、レシピ開発に

夕方、バタバタ自宅に戻ると実家の母が遊びにきていました。

一緒にご飯を食べることになり、忙しいので、役割分担?

義母、盛り付け係
母、ホットプレートで焼き係
私、生地の濃度かえ等のレシピ作り係


かつを節がひらひら舞うのがいいの〜なんて、母が久々に腕をふるいます。

もう少し改善の余地がありそうですが、後はよっちゃんと考えたいと思います。
なんせ大阪出身ですので!

出来上がり


パンや麺類など小麦粉をとると、義母が胸焼けに苦しむときがあります。
でも米粉のお好み焼きは胸やけしないんです。
そして、ふわっとしてて、味わいがあります。



マシュマロ風米粉でゆべしを作りました。
ゆべしは宮城の郷土菓子です。
一般的には、蒸し器で60分加熱するのですが、
レンジでチン!するだけでコシのあるゆべしが出来ます。
・・・和菓子職人さん、ごめんなさい。

材料は
砂糖・・・・・・・・・100g
醤油・・・・・・・・・15g
水・・・・・・・・・・60g

マシュマロ風米粉・・・50g
くるみ・・・・・・・・20g

 砂糖、醤油、水を混ぜ、
マシュマロ風米粉、胡桃を混ぜます。



ラップをかけて、電子レンジで500Wで3分加熱し、
粘りが出るように箸でかき混ぜます。
熱いのでやけどに注意です。



 さらに、電子レンジで500Wで2分加熱しかき混ぜます。
ピカピカでもっちり〜
 

広げたラップで四方畳んで
*タッパー可、冷めたららつるっととれます。


プニュプニュしててあったかくて気持ちいい!
自分で食べるのでしたら、ご提案・・?
布で包んで目や肩にあててみてください。
じんわりして癒されますよ!

冷めたら、 包丁に油を塗ると、きれいに切ることができます。
粉オブラートかグラニュー糖をまぶすと、食べやすくなります。

さて、久々の米粉のレシピのご紹介です。

「ほおっていても、シソが おがる(育つ)のぉ〜」と
パートの孝子さんが、花束のようにシソの葉をたくさん持ってきてくれました。
しそ巻を作りましたのでご紹介しますね!

材料は、

味噌     40g
砂糖  40g
水 90g
パン用米粉    100g 
ベーキングパウダー    6g    
刻みくるみ     30g
白、黒ごま    各15g
七味       少し多め
青シソ       約20枚 

作り方 1.味噌、砂糖、水をかき混ぜ、パン用米粉とBPを加え良く混ぜます。
    2.くるみとごま七味唐辛子を入れて混ぜ、具のできあがり!
    3.洗って水けをふいたシソに具を置き、はさみます。
    4.170℃の油で2〜3分あげれば出来上がり!


米粉はパン用米粉を使いました。
パン用米粉はグルテンが配合しているので、膨らみが良く軽い感じに出来ました。
もちろん菓子料理用米粉でも出来ます。

シソ、米粉、ゴマ、胡桃、みそ
身体にいいもの良いものばっかりです。

お酒のおつまみ、お弁当にもおすすめです。

役場の近くにある加美パルコです。
毎日、楽しくパンを焼いていて、
それが自然に美味しいパンに!
癒されるんですよねぇ・・
同じように思ってる人がいて嬉しいんです。

応援しています!




2018年の夏季休業日は、8月11日(土)〜15日(水)までとなります。
8月10日午前までいただいたご注文は、在庫がある限り8月10日に発送いたします。
8月10日午後以降にいただいたご注文は、8月16日より順次発送となりますのでご了承ください。


明日から、8月になりますね。
もうすぐ新米の季節です。
稲も順調に生育し今年も美味しいお米になりそうです。

毎日暑い日が続いておりますので、皆さま熱中症にお気を付けて下さいね。

(有)菅原商店

宮城も来週には梅雨に入りそうです。
夕焼けがあんまりきれいなので写真ををとってみました。

天候にめぐまれ、
田んぼの稲も順調に育っています。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM