だんご粉と小麦を使ったがんづき

材料

だんご粉・・・100g
小麦粉・・・・・50g
砂糖・・・・・・150g
牛乳・・・・・・・・150g
くるみ・・・・・適宜

作り方

ボールに水以外材料を入れさっと混ぜ、水を入れてホイッパーでかき混ぜる。
型の内側に食油を塗り、生地を流す。くるみをすこし細かくして
上にのせる。

蒸し器で30分蒸す

K 「お店のがんづきよりモチモチしてるんじゃない?」
  「ふつうは小麦粉で作られてるけど、だんご粉の中のもち粉かきいているのかなあ」

N 「おばあちゃんにはちょうどいいけど、若い人にはあまいかも」
K 「そうだね。少し砂糖を控えてもいいかもね。くるみの代わりに白ゴマ黒ゴマをのせてもいいんでは?」
N 「黒糖の固まりを生地に沈めると、包丁で切ったとき、ト.ローンと蜜が出ておいしいかも?」
k 「んまそー」

その他、米粉レシピ集はこちら どうぞご覧下さい。

工房パルコ 古川高校近くです
パン工房パルコは隣の大崎市で
障害者30名と職員8名で
毎日美味しいパンを作っています。
地産地消がモットーで、
なかでもおすすめなのが米粉パンです。

原料に宮城県産の米粉(菅原商店で製粉しています)を使っています。
もちもちで甘みがありしかも低カロリー、
一度食べたら何処にもない美味しさに、はまってしまいます。
スタッフみんなで声を掛け合ってがんばっている様子が、
とても心地がよくて、
用もないのに遊びに行ってしまうほどです。

5月27日に1周年フェアをします。
是非パルコへいってみてください。
元気なスタッフが作る、こめっこロール
餅のはいったあんぱん、フランスパンなどなど
お店にたくさん並びます。
そとはパリッと中はもちっとした米粉クロワッサンも
新メニューでおすすめです。
パンとコーヒーをいただける喫茶コーナーもあります。

これからもパルコファンがたくさん増えるように
がんばってほしいです。
応援していま〜す。

工房パルコ
大崎市南町3丁目4-34
電話0229-21-0355
FAX0229-22-7333

営業時間 午前10時〜午後5時
毎週月〜金曜日(土日祝日は休業)

休みに何をしようかと考えていたのですが、やっぱり天気がいいと畑仕事がいいですねえ。朝早く起きるのもじつ〜に気持ちよかったです。
畑作りは愛情をこめるとちゃんと答えてくれます。子育てよりカンタンかも
早起きは三文の徳で、近所のおじさんに白インゲンの苗をもらいました。
2日後にはだだっちゃ豆の苗もいただくことに!ありがとうございます。(お盆にみんなでいただきます)
にらはこまめに摘み取ると、とってもやわらかくて甘くなります。我が家の味噌汁に大活躍です。
直播がおすすめのオクラもだいじに2個ずつ土の中へ。まだまだ先だけど、早くバター炒めが食べたいなあ。
キャベツとカリフラワーの苗も植えました。チョウチョが飛ぶようになったら、青虫取りをすると、きれいなまんまで食べられます。
それから姫りんごの木の虫取りも。秋に赤いかわいい実がたくさんなり、べっこう飴りんごやリースの材料になります。
2.3日前まで白い花がきれいでしたが、はっぱに虫食い痕が、、。
よく見ると1センチくらいの黒い毛虫がウジャウジャいました。我慢してゴム手袋をして毛虫つぶしをしました。食欲旺盛なのでそのままほおっておくとどんどん葉っぱがなくなりたいへんです。農薬を使うと簡単なのですが、なるべく無農薬でがんばってます。一瞬ですが毛虫の体の裏側を見ちゃいました。気持ち悪り〜
今年のアスパラガスが細くていつもの甘みがありません。(大好物なのに・・・)去年の秋に堆肥をあげなかったことが原因です。やっぱり植物は正直なのです。
畑に何を植えるかは私の嗜好で決めます。だからピーマンやししとうは毎年数本、気持ちだけです。
急に畑がにぎやかになってきて楽しみ楽しみ・・。
明日もなるべく早起きしよーっと


最近のできごと・パート1
央子のぬいぐるみ
あまりクヨクヨすることが嫌いな私ですが、
ここ1週間ほど、思い出すといつも自己嫌悪です。
ここまでドジな母親は
   世の中に稀有すぎます・・・

懺悔と反省をこめてご紹介します。

その日は春の嵐で,雨と風がものすごい日でした。
ピンポーン、玄関に知らない男の人
私「どちら様ですかぁ?」 
すると「中中の太田です」
     ・・・ガ・ガーン!!!
中三の娘の家庭訪問を忘れてしまいました。(赤面)

居間ではお父さんが遅い昼食中・・・
ヤバーィ・・・
   急いで片付け
        どうぞぉ

平静をよそおってお茶をお出しして
またもやドジを・・
先生の名前を間違え(2回も)

先生「○○ちゃん(娘)にどこにいくのって聞いたら・・」 
私 「あぁ、修学旅行ですか?」 
先生「・・・進路のことです」      
うわ〜なんたるボケ・・・ドジの上塗り ?!   
 
次の日、押し売りと間違えられたと、
朝のHRでしっかり話題になったそうな・・  

  先生、ごめんなさーい。
     そして出来ることなら、忘れてくださーい!

反省した母は、娘の大事なぬいぐるみを
心をこめて洗たくしたという訳です。 
本当にごめんね。

最近のできごと・パート2
初午

ゴールデンウィーク初日の緑の日(4月29日)は、加美町の最大のお祭「初午まつり 火伏せの虎舞」がありました。かつて加美町(旧中新田地区)は、強風のためにたびたび大火に見舞われました。火伏せの虎舞は、「雲は龍に従い、風は虎に舞う」という故事にならって虎舞を奉納したのが始まりの伝統行事です。
今年は例年になくよい天気に恵まれました。
消防団が中心となって各家ごとに虎舞をして歩きます。笛を吹いているのが主人です。その隣の父母も嬉しそうです。
虎は中学生が2人1組で踊ります。今年は暑かったのでご苦労様でした。
夜、ふとんに入っても、太鼓や笛の音がずーっと聞こえていました。

元気はつらつぅ〜
私の実家の祖母は、今年で92歳になります。 写真中央
趣味は、冬は読書、暖かくなるとゲートボールをしています。
桜の花がきれいなのでおばあちゃんに会いたくてゲートボール場に行って見ました。おばあちゃんの顔は横しわがいっぱいあります。
でも、やっぱりまだまだ女性なんですねぇ。ちゃーんと日焼けしないようにお化粧しています。
朝夕の神仏にお祈りするのが毎日の日課です。家族親戚ひとりひとりの名前を唱えながら1時間もかけてお願いします。(最近は、名前が出てこなくて大変だと言っています。)
この祖母の何も求めない、ただみんなの幸せを願っている姿勢をいつも尊敬しています。
おじいちゃんが59歳で亡くなったので、自分は倍の120歳まで長生きするからというのが祖母の口癖です。
いつまでも元気でいてもらうことが、何よりもありがたいことだと思っています。

揚げだんご

材料 (10個分)

菅原のだんご粉 100g
砂糖 30g
水 80g
ラード 5g

特製醤油だれ
醤油 50g
砂糖 40g
みりん 10g

作り方
1. 粉と砂糖とラードを混ぜる
2. 水をいれて耳たぶくらいの柔らかさにする
3. 20〜30分置いてから、直径3cm程度のだんごを作る
4. たれの材料を全部まぜ、レンジでかける
5. 破裂をふせぐために低温の油で6〜7分ゆっくり揚げる
6. たれにからめて完成


揚げだんご ごまバージョンです

上記の材料と
こしあん 10g×10
しろごま 適宜

作り方
だんご生地を作って、丸めておいたあんこを包む
(あんこがはみ出ないように注意)
ごまの衣をしっかりびっしりつけゆっくり揚げる

<ポイント>
生地にごまをつける時、手の中でもコロコロと転がして、だんごによくごまがつくようにします。こうすると、揚げる途中でごまがはがれるのが防げます。また低めの温度で揚げれば破裂しません。

その他、米粉レシピ集はこちら どうぞご覧下さい。

卵焼き風しっとりクレープです。

材料 (3枚分)

菅原のだんご粉 40g
砂糖 15g
塩 少々
牛乳 80g
卵  1個

作り方
ボウルに粉、砂糖、塩をいれ軽く混ぜてから、溶き卵を入れてしっかり混ぜる。
,傍軻を入れ、泡だて器でよく混ぜる。
△鬘横亜腺械以おいておく。
フライパンに油をうすくぬり、強火にかけ十分にあたためる。
オタマでたねを流し、フライパンを動かして丸く薄く広げる。(中火)
端が乾いて、ちりめん模様の焼き色がついたらひっくりかえし、裏面も焼けば生地の完成。
冷めたらお好みでトッピングして下さいね♪

サトー商会でも紹介されました ケーキ

その他、米粉レシピ集はこちら どうぞご覧下さい。

米粉のホットケーキ

材料 (2枚分)
ケーキ用米粉・・・150g
砂糖・・・・・・・・・40g
ベーキングパウダー・・・小さじ1
塩・・・・・・・・・ひとつまみ

100%オレンジジュース・・・120g
サラダ油・・・・・・20g
卵・・・・・・・・・1個
バニラエッセンス・・・数滴

作り方
1.  銑い諒肝爐鮑ぜる(ふるう必要なし)
  ァ銑┐留嫗領爐鮑ぜておく
2. 粉類と液体と合わせて、泡だて器でよく混ぜる
3. テフロン加工のフライパンを火にかけ、さっと油をひいて、生地の半分をいれる
4. 中火で焼く (上面に気泡がプツプツでてくるまで)
5. ひっくり返して、弱火で焼いて完成

その他、米粉レシピ集はこちら どうぞご覧下さい。


お正月気分でもう9日。もうそうろそろお仕事モードにと思いつつ、
伸びたゴムのようにだらーっとなっている私です。
そんな私に、喝をと思ってか、主人が『細木和子の六星占術』の本を買ってきてくれました。どきどきしながら読んでみたら、な、な、なーんと今年は、何をするにもとってもラッキーな年であるそうな。。。いっつも、しあわせーって思っている楽天的な私は、今年も何からはじめたらいいか迷ってしまうのであります。

米粉パンの検査
仙台の東北生活文化大学に行ってきました。
朝食ぬきの学生44人に、米粉パンと小麦のパンをそれぞれたべてもらい、インスリンと唾液の分泌のちがいをデータとして作ろうという試みです。
米粉パンは、おなか持ちがよく、モチモチしているので、よく咀嚼します。
実際に食べたことのある人は納得するのですが、それを数字にあらわせば、
まだ食べたことのない方々への米粉の普及がしやすいということです。
簡単な実験かと思いきや、30分おきの血液検査など、なかなか大変でした。
米粉が一般に広がるには、こんな地道な活動がまだまだ必要です。
18年度からは米粉パンが給食のメニューになりそうです。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM