今度の日曜日、大崎市西古川でお祭りがあります。
ビーズの先生でもあるナンチャンが
はじめてお店を出します。
毎日遅くまでお仕事なのに、ほんとに頑張りやさんです。
ツクツク、ビーズでアクセサリー作りなんて
あこがれるなぁ・・。
でも、あんまり無理しないようにね。

おなじブースでパルコの米粉パンも販売します。
よさこい踊りや子供神楽、フリーマーケットなどなど
楽しい催しがいっぱいあるようです。
私のすきなマグロの解体ショーもあるようです。
ぜひ、いらっしゃってくださーい。


場所は 西古川地区公民館
(大崎市古川保柳字氏子202)
tel 0229-26-2118

時間は午前9時半〜午後3時です

ブログは日々更新を心がけているのですが
お店のHPはイロイロあって
なかなか更新できませんでした。
はずかしいです・・・
でも新米の季節になり、どうしてもやらなきゃいけなくて、
ナンチャンが一肌脱ぐことに!
マニュアル本を見ながら、一生懸命頑張ってくれました。
背中から真剣オーラがメラメラメラ〜
わけのわからない英数字がならんでいて
いや〜、大変そうでした。
その甲斐があって18年版HPになりました。
まだ直さなくてはいけない箇所がありますが
ぜひご覧ください。

みんなで工場の備品の配置換えをしました。
そのせいかか、年のせいか
夜、腰が痛くて、畳でゴロゴロ。
トド状態のお母さんを見かねてか
「腰揉んであげる?」の一言。

この頃、思春期で何かとむずかしい年頃の娘に
久々に優しい言葉!
うれしいなぁ
あたたかい手で久々に揉んで貰ったら
今朝は、調子がいいようです。
手当てって、気持ちから来ることもありますよね。

今日と明日、みやぎまるごとフェスティバルが開かれています。
「わ・は・わ大郷」という授産施設で作られた米粉ぱんが
農政局のブースで試食販売をしています。
ここは、みやぎ生協に毎日たくさん米粉パンを焼いています。
ぜひ、美味しい米粉パンを食べにお立ち寄りください。

   人参のパウンドケーキ、米粉グラタン、クレープ、栗だんご
お米の季節なので、講習会は久々。
なおさら、栄養士さん対象なので、ちょっと緊張しました。
メニューは給食で使っていただけるように
ケーキ用米粉でパウンドケーキ、グラタン
だんご粉で栗だんごとクレープを作りました。
時間があまりなかったのですが、
食に携わるスペシャリストさん達なので
お料理はお手のものです。

米粉のいい所、たくさん実習しました。
ケーキを作るとき米粉だとふるいにかけなくともいいこと
さっくり混ぜなくてもグルテンがないので粘り気が出ないこと、
グラタンは、バターを使わなくても
美味しいベシャメルソースが簡単に作れることなどなど
米粉が、とっても扱いやすいことを実感されたようです。
栗だんごも美味しくて、
お昼ご飯を食べた後でも皆さんのお腹にちゃんと入り
鳴子の栗だんごよりあんばいがいいとほめていただきました。
パウンドケーキがちょっと焦げたりしたのもありましたが、
おかげさまでたいへん有意義な講習会となりました。

農政局さんから、食事バランスガイドのパンフをいただき
「地域に根ざした食育ー米粉」についても、
私なりにお話をすることができました。
無事?に終わり、ほっとしました。
ありがとうございました。

13日に、古川養護学校において、
講義、演習があります。
テーマは「地域に根ざした食育−米粉を使って」です。
県内の特殊教育学校給食主任、栄養士さんが集まって開催されます。
米粉の魅力がわかっていただけるように、
しっかり頑張りたいと思います。

今日の工場は
一日中、杵でドンドンと粉を搗く音がしていました。
胴つきといって、
米を洗い、浸水させ、胴つき製粉をして、乾燥させ、
細かい網でメッシュを揃え、袋詰めと
職人さん達は忙しそうでした。

3時頃、もちっ小屋でんの社長さんが
粉を引き取りに着ました。
ほんのり温かい一迫産の米粉は、
この間みやぎものづくり大賞の栄誉をいただいた
米ていらをつくる原料となります。
先日より、毎日のように取材をうけ、大好評なようです。

作りたての米ていらをいただきました。
新鮮な卵とチーズの塩味がほんのりして、
カステラというよりはスポンジのような
軽〜ィ食感です。
みなさんも、どうぞ、ぜひ食べてください♪

買い物に行くと
マグロの解体ショーをやっていました。
私、大好きなんです。このテの催しが・・

よ〜し、マグロのかまで塩ふり焼き、と思ったんですが、残念!
んで、頭を買いました。
でもその後が大変!
お魚コーナーで切ってもらうのを忘れてしまいました。
・・・ヤバーィ!
ということで、しかたなく、おうちで解体ショーをすることに

       

案の定、
出刃包丁でもはさみでも切れません。ちょっと後悔・・
しかたなく我が家の一番大きな鍋をひっぱりだしてきて、
まるごと下湯で
それから肉と骨に分けて
小さな鍋に移して、醤油、砂糖、みりん、酒でコトコト煮ること30分。

     

まぐろの目ん玉ちかくは
コンドロイチン タ〜ップリ。
ほっぺたは、牛肉の食感。
うまい!
甘しょっぱくて、新米ご飯にぴったり!
苦労した甲斐がありました。
もちろんお刺身も買って来ましたぁ
脂がのってましたよ〜

仲良くツーショット

2年連続で雨になってしまったお月見です。

近くのスーパーに行くと、
「今日はだんご作んないとねぇ・・」と
顔見知りの人に言われました。しかも三人に
え〜っ、私の顔ってだんごを連想させるのかしらん?!
ありがたいけど なぁ〜んか 複雑〜っ

お月様には、岩手のAさんからいただいた「秘伝豆」という枝豆、
畑の師匠の作ったさつま芋などをあげました。
もちろん、砂糖の少し入ったおだんごもお供えしましたよ。
ただ、かんじんのススキがなくってコスモスを飾りました。(笑)

栗原市のもちっ小屋でんさんです。
地産地消に昔からこだわって餅菓子をつくっているお店です。
時々おうかがいすると、社長と奥様が
お菓子のことを情熱的に話してくれます。
古民家風のお店で
また行きたくなるようなとっても感じのいいお店です。

河北新報10月6日

一迫産の米粉で作ったカステラ風の焼き菓子
「美焼(みやぎ)の心こ 米ていら」が
第10回みやぎものづくり大賞を受賞しました。
野球で話題になった一迫高校の生徒さんたちと
商品開発したそうで、
これも米にたいする心がこの商品を誕生させたのだと思います。
これからもがんばってくださいね。
応援していま〜す。

もちっ小屋でん 〒987-2308
宮城県栗原市一迫真坂字本町2
東北自動車道築館インターより国道398号を湯沢(秋田)方面に向かって7km(10分)
0228-52-2602
0228-52-2602
7:00〜17:00
毎週水曜日(祝日の場合は営業します)





Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM